私の家の近所にある歩道のない道路を妻と一緒に歩いていたところ,背後から近づいてきた車に轢かれてしまいました。この事故によって,私自身は軽いけがで済みましたが,妻のおなかの中にいた子どもが亡くなりました。妻は,子どもが生まれることをとても楽しみにしており,事故以来,憔悴しきっています。この場合,おなかの中の子どもが亡くなったことについて,相手方に慰謝料を請求することはできるのでしょうか。

通常,人が死亡したときは,死亡したことに対する怒り,悲しみ,無念さという精神的損害に対して慰謝料が発生します。しかし,胎児は,いまだ法律上の「人」にはあたらないため(民法3条1項),死亡に伴う慰謝料を請求することはできません。この場合,胎児が死産したという事実は,母体の傷害について慰謝料を増額させる事情となります。
この点について,裁判例には,出産予定日4日前の事故で胎児が死亡した事案につき,母親に800万円の慰謝料を認めた事例(高松高判平成4年9月17日自保ジャーナル994号),事故の衝撃により妊娠2か月の胎児が流産した事案につき,150万円の慰謝料を認めた事例(大阪地判平成8年5月31日交民29巻3号830頁)があります。なお,一般的に,人が死亡したときの慰謝料は,2000~3000万円と言われています。
次に,胎児の父親に慰謝料請求権が認められるかについては,裁判例でも見解が分かれています。認める見解としては,「流産に伴う生理的病理的苦痛は父と母で異なるが,胎児を失ったこと自体の苦痛については父と母とを区別する理由がないことは出生後の子どもを失った場合と同様である。」として父親に対する慰謝料の支払いを認めた事例があります(高松高判昭和57年6月16日判タ474号221頁)。また,「死亡した胎児(妊娠36週)は,まさに新生児と紙一重の状態にあり,これを失った両親とりわけ母親の悲しみ,落胆は相当なものというべきである。(中略)出産を間近に控えた胎児の死亡についての損害賠償額は,それなりに評価されるべきと考える。」として,母親に700万円,父親に300万円の慰謝料を認めた事例もあります(東京地判平成11年6月1日交民32巻3号856頁)。

アクセス

成田駅東口徒歩1分

千葉県成田市花崎町816-2
タムラビル5階(地図はこちら

交通

  • JR成田駅東口徒歩1分
  • 京成成田駅西口徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

成田を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート