自己所有の住宅を持っていまして、住宅ローンがあります。それ以外にも借り入れがあり、何とか住宅を維持したまま債務整理をしたいのですが、可能ですか。

個人再生の手続を利用する場合であれば、再生計画の中に住宅ローンについての特別条項(これを住宅ローン特別条項といいます)を設けて、個人再生を申立てることができます。住宅ローン特別条項を利用するためには、①住宅の建設または購入、住宅供用地の取得またはその借地権の取得、住宅の改良のための借入であること、②分割払いの定めのある再生債権であること、③①の借入またはそれを保証した保証会社の求償権を被担保債権とする抵当権が設定されていることが必要です。
ただし、上記①に該当しない借入を被担保債権とする後順位抵当権が設定されている場合には、住宅ローン特別条項を利用することはできません。第三者に被担保債権を弁済してもらうことによって、その抵当権を消滅させてもらう等の手続を経る必要があります。
また、住宅ローンの残債務額が住宅の価値を下回る場合(いわゆるアンダーローンの場合)は、住宅の価値と残債務額の差額が財産として計上され、最低弁済額算定の際に考慮されます。その結果、住宅ローン以外の債務の総額によっては、個人再生によって債務額が減少しないことがあります。

アクセス

成田駅東口徒歩1分

千葉県成田市花崎町816-2
タムラビル5階(地図はこちら

交通

  • JR成田駅東口徒歩1分
  • 京成成田駅西口徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

成田を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート