個人再生手続きを行った際に、期間を3年間として再生計画を立てたのですが、計画通りに払うのが難しくなりました。どうしたら良いでしょうか。

計画弁済期間の2年間の延長を申し立てるか、または破産手続きに移行することが考えられます。また、再生計画の4分の3の支払いが済んでいれば、残る債務の支払いを免れる「ハードシップ免責」ができる可能性があります。
個人再生手続きでは、「やむを得ない事由で」再生計画の遂行が困難になった場合、2年を限度に弁済期間の延長を申し立てることができます(民事再生法234条、244条)。
例えば怪我による一時的な収入減少といった事由が「やむを得ない事由」にあたると考えられます。なお、本人の無過失や不可抗力までは要求されません。
もっとも、延長後の再生計画について、当初の計画案の決議・認可と同様の要件が科せられるため、例えば延長しても弁済できないような場合には延長は認められません。
また、東京地裁等では変更のチェックのために再生委員が任命されるため、その報酬を支払う必要があります。
延長できないような場合には、再生手続きの廃止と破産手続きの開始を申し立てることが考えられます(民事再生法249条1項)。これによって再生手続きが終了し、破産手続きによって債務の免責を受けられる可能性があります。
また、①再生計画上の債務の4分の3を履行している場合は、②債務者の責に帰すことができない事由によって③再生計画を遂行することが極めて困難になり、かつ④再生計画認可の時点で破産していた場合よりも多くの弁済をしていれば、残債務について免責を受けることができます(「ハードシップ免責」、民事再生法235条)。
この免責の効果は住宅ローン債務にも及びます。もっとも、税金や悪意の不法行為による損害賠償債務などは免責されません。
また、東京地裁等ではハードシップ免責の可否を調査するため再生委員が任命されるため、その報酬を支払う必要があります。

アクセス

成田駅東口徒歩1分

千葉県成田市花崎町816-2
タムラビル5階(地図はこちら

交通

  • JR成田駅東口徒歩1分
  • 京成成田駅西口徒歩1分

債務整理の無料相談(24時間受付)

借金問題で弁護士をお探しの場合

相談は何度でも無料です

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

刑事事件の無料相談(24時間受付)

逮捕・起訴されて弁護士をお探しの場合

刑事弁護はスピードが勝負

無料法律相談(24時間受付)をご利用下さい

離婚法律相談

皆様と弁護士と二人三脚で問題の解決へ進みます

離婚協議書作成とメールによる話し合いサポート

相続法律相談

新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応

成田を起点とする沿線都市に出張相談可(日当+交通費をいただきます)

法人破産無料法律相談

  • 新橋本店との連携で専門性の高い案件にも対応
  • 会社の清算について、倒産手続きについてサポート

建物明渡請求法律相談

アパート・賃貸マンションなどの建物明け渡し請求についてサポート

交通事故無料相談

後遺障害認定や示談交渉、訴訟提起についてサポート

債権回収法律相談

貸金債権回収、請負代金回収、売買代金回収についてサポート